2016年11月3日木曜日

forme

お店で取り扱うなら、ブランドを一つだけと決めていた。

自分が使ってて、気持ちよくて、上品で、堅牢で、繊細で、使い勝手も良くて、絵になる佇まいで、

たとえ壊れても、また新しく買って、永続的に持ち続けたいと、心から思える財布を。

お店を始める前から数えて約4年。やっと理想的な、わがままを受け止めてくれる財布が見つかりました。

東京は下町のクラフトマンシップ溢れる、革の専門家forme(フォルメ)の財布です。





写真上

上 Wallet (cordvan) 63000円

下 Long Wallet (cordvan) 54000円



写真下

左 Wallet (vachetta calf) 39000円

右 Long Wallet (vachetta calf) 30000円


















男性が持てば男性的に。女性が持てば女性的に。

それぞれ持つ人の魅力を引き出す、ジェンダーレスウォレット。

その財布の佇まい、風格、使いやすさ。まさに理想の財布でした。


バケッタレザーは、ベジタブルタンニンで鞣された子牛の革だけあって、

きめ細かく、そして、しっとりと柔らかく、吸い付くような肌触り。

使い込むごとに、艶やかに艶を増し、

味わい深い、豊かな表情に変化していくさまも、所有欲を全力でくすぐられる。


コードバンは、超有名実力派タンナーのホーウィン社製だけあって、溜息が漏れるその仕上がりの良さ。

緻密な革の、その透明感。その光沢。思わず目を奪われてしまう。まさにキングオブレザー

張りがありながら、しなやかで、堅牢。

じっくりと雰囲気が変わる、経年変化のその過程も、時間ごと愛せる稀有な馬革です。

ちなみに、コードバンのネイビーは、おねだりマスカットでお願いした、ちょっぴり特別なカラーなんです。

やっぱり、僕らはナイスネイビーでしょってことで、作ってもらいました。

最&高な仕上がりになったと思うので、みなさまぜひぜひお店で見てみてくださいませね。


大きさは二種類で、革は二種類。合計三色。用量や好み、はたまた直感で。

一点の財布を選ぶってことは、一つの生活を選ぶということ。

そう、某有名な服飾デザイナーも言ってたような気もします。

あなただけの財布になるよう、ゆっくりと育んでみてください。

あなたにとって、かけがえのない財布になれれば、幸いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿