2017年3月15日水曜日

松岡 ようじ

どこか懐かしく、それでいて新しい。

そばに置いておくだけでも、満たされてしまうガラス。

そんなガラスを製作してるのは、神奈川随一の癒し系職人こと松岡ようじさん。

人柄がそのまま滲み出たような、優しく温かいグラスをどうぞじっくりとご覧ください。





五角ショット

各3500円





去年は人気過ぎて、早々に完売してしまった五角ショット。

待ちわびたみなさま、お待たせいたしました。

ウィスキーや日本酒を嗜むのに、最適なこのグラス。

ゆらゆら移ろう、やわらかなガラスの表情が、なんとも心地良い。

手のひらでガラスを愛でながら、じっくりとお酒を嗜みたくなる、趣ある佇まい。

日々の晩酌の、お供にどうぞ。











角片口 和

各4500円






こちらも五角ショット同様、すぐに完売してしまってごめんなさいだった角片口。

今年は数を作ってもらったので、お店の特権を行使して、すかさず自分の分も買いました。

量や角度で、表情も移ろいで変わるから、飽きずにいつまでも楽しめます。

角ばった形も、滑りにくくて掴みやすいから、持ちやすく注ぎやすい。

自宅には、こんな片口を常備しておくのが正解です。












みなもショット

各2800円






新作のみなもショットも、素晴らしい。

まるで水面のように、ゆらゆら揺れるガラスの美しさたるや。

ついつい、ガラスの持つ引力に引き寄せられてしまう。

新作にして、これからの定番になりうるであろう良品です。











みなもカップ

各2800円







ショットよりも少し大きめのカップは、麦茶や蕎麦猪口にも、ちょうどなサイズ感。ロックグラスにもいいかも

こちらも水面のように、ゆらゆら揺れるガラスの美しさ。おもわずうっとりしてしまう。

使うたびに愛しくなる、愛着が湧いてしまう松岡さんのグラス達。

用途やお好みで、お好きな形をお選びください。

0 件のコメント:

コメントを投稿