2016年7月29日金曜日

能作

富山県は高岡発。世界中に知れ渡る知名度を誇る、錫の探求者、能作

会社が大きくなろうとも奢らず、先を見据え、真摯に錫と向き合い続けて、今年で創業100周年。

まさに記念すべき最高のメモリアルイヤー。

そんな真面目な能作の酒器が、不真面目代表トップランナーのiremonoに再入荷。







ぐい呑み 各3200円

片口 小 4500円

片口 大 7000円











素晴らしいほどの熱伝導率だから、冷蔵庫に2分ほど入れておくだけでも、キンキンに冷えちゃう。

同じくチンカチンカに冷やした夏酒を、注いで呑めばそれはもう天国。極楽浄土待ったなし

純度100%の錫だから柔らかいのも特徴で、自分好みに持ちやすいように、


ぐにゃりと曲げて使えるのも魅力的。

それでいて、落としたりしても柔らかいから、めったに割れないのが嬉しいところ。


個人的にも、家でも愛用してる片口とぐい呑だから、その使い勝手はお墨付き。

錫には飲み物をまろやかにする効能もあるから、日本酒以外にもいろいろ試してほしい。


水や赤ワインなんかも注いで、飲み比べすると君もきっと驚く。

違いが分かる男こと、大沢たかおさんに積極的に飲み比べしてほしい今日この頃です。

0 件のコメント:

コメントを投稿