2016年1月28日木曜日

SEIKO【2/3追記修正あり】

日本時計業界発展の立役者SEIKO(セイコー)

セイコーに海外だけのモデルがあることは、もう周知の通りで言わずもがな。

今回もなかなかの粒揃いな役者たちが揃いました。







SEIKO 5

各12000円








裏スケルトンの機械式。

ってことは、そう。この時計、実は自動巻きなんです。

自動巻きでこの価格のお買い得感ったらもう。ミリタリーライクな表情も、とても良い。

あると便利なカレンダーも完備で、必要な機能も抜け目なく。

カジュアルながら、大人な風格醸し出してるバランスも良い塩梅

全体的な平均点がやたら高い、抜かりない時計がこちらです。










KINETIC

各30000〜33000円










もしかしたら懐かしい人もいるかもしれない。

前職時代にも一回だけ出たことあるモデルが、2〜3年ぶりに時を超えて発見。

大人の品格と趣。佇まいからして、すでに素晴らしさ、溢れ出てる。

こちらも、もちろん自動巻き。

と見せかけて、自動巻きよりも素晴らしい性能の、充電できる電池内臓式。

どうゆう事かというと、振った分その電池に蓄えておけるという優れもの。

充電しておけばMAX半年分も貯まる素晴らしさ。そしてカレンダーも完備。完璧

その精巧さは、やはり素晴らしい。SEIKOだけに

巻くだけで背筋が伸びる。

大人の階段登りたい、そんなあなたの時計です。


※KINETICは最初勘違いして自動巻きと書いたのですが、

正しくは、時計を振ると内蔵の発電機が動いて、充電式の電池に充電できる。

つまりは電池交換いらずで、自動巻きより長く稼働することができる仕様になってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿